作曲の思想

小鍛冶邦隆さんがメシアンについて講演します

アルテスのウェブサイトで「音楽・知のメモリア」を好評連載中の作曲家・小鍛冶邦隆さんが1/26(月)、日仏会館にてメシアン生誕100年記念講演をおこないます。 小鍛冶さんとともに出演し、メシアンとブーレ...
バレンボイム音楽論

バレンボイム中東公演中止

loisil-spaceさん(霞ヶ関のお役人さんだそうです)のブログで知りましたが、1/10、12に中東カタールとエジプトでおこなわれる予定だったバレンボイムとウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケ...
音盤考現学

小谷野敦さん、「受賞作を読む」!

1/6発売の『週刊朝日』1/16号で、比較文学研究者の小谷野敦さんが「受賞作を読む」というコラムを再開。その第1回として、『音盤考現学』『音盤博物誌』をとりあげてくださいました。 「『考現学』は現代音...
バレンボイム音楽論

石井清司さんが『バレンボイム音楽論』に感動!

1/5付け公明新聞読書欄で『バレンボイム音楽論』がとりあげられました。評者はノンフィクション作家の石井清司さん。『変革の魂、ベートーヴェン』(ヤマハミュージックメディア)ほか大作曲家の伝記シリーズでも...
バレンボイム音楽論

謹賀新年!

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、NHK教育テレビでも放映された毎年恒例の「ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート」はごらんになりま...
音盤考現学

片山さん、東京藝大にあらわる!

ご報告が遅くなりましたが、12/21(日)東京藝術大学北千住キャンパスでおこなわれた「千住 Art Path 2008」でのトークセッション「ART TALKS」に、片山杜秀さんが出演しました。題して...
聴いて学ぶアイルランド音楽【CD付き】

満員御礼

昨日の『聴いて学ぶアイルランド音楽』刊行記念イヴェント@ディスクユニオン新宿本館ルーツ&トラディショナル館には25人もの方にお運びいただき、ぎっしり満員となりました。どうもありがとうございました。立ち...

ARTES インフォ*クリップ vol.15

メルマガ「インフォ*クリップ」第15号を配信しました。 今回は新刊『聴いて学ぶアイルランド音楽』の関連イヴェントを中心にお届けしました。 メルマガの登録はこちらから。 [松岡] (さらに&hell...
音盤考現学

川本三郎さんと三浦雅士さんが「2008年この3冊」に!

毎日新聞読書欄で毎年恒例の「2008年『この3冊』」。昨年は養老孟司さんが『村上春樹にご用心』を選んでくださいましたが、今年は川本三郎さんが『音盤博物誌』を、そして三浦雅士さんが『音盤考現学』を選んで...
音盤考現学

東京芸術大学で片山杜秀さんのトークショー

東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科の学生によるオープンプロジェクト『千住 Art Path 2008』で行われるトークセッション「ART TALKS」に、片山杜秀さんがゲストの一人として出演します。お...
音盤考現学

「片山杜秀さんのダブル受賞を祝う会」を開催

12/9(火)の夜、サントリー学芸賞贈呈式の終了後、場所を東銀座「カフェ・セレ」に移して、「片山杜秀さんのダブル受賞を祝う会」を開催いたしました。 片山さんのライフワークのひとつであるCDシリーズ「日...
音盤考現学

サントリー学芸賞贈呈式に出席

12/9(火)東京會舘にて第30回サントリー学芸賞の贈呈式がおこなわれました。 式に先だっておこなわれた受賞者とのマスコミ懇談会では各部門の講評もあり、「社会・風俗部門」の審査委員を代表して青山学院大...

重松清さんが『at武道館』を絶賛!

今日発売された『週刊ポスト』(小学館)Book Reviewコーナーで作家の重松清さんが『「at武道館」をつくった男』を3分の2ページにわたって取り上げてくれました。 野中さんが命をかけて惚れ込んだク...

「反ヒューマニズム音楽論」第3回

若尾裕さんのWeb連載「反ヒューマニズム音楽論」の第3回をアップしました。 http://www.artespublishing.com/serial/wakao/index03.html 第2回にひ...

オンラインショップ「音楽専門館」に出店!

東京書籍が運営する「音楽専門館」に、アルテスも出店することになりました。「音楽専門館」は、「音楽のあるくらし・音楽でいっぱいの学校」をコンセプトとしたオンラインショップで、書籍、CD、DVD、楽譜、音...