蕨市の書店「しばしば舎」でアルテス・フェア開催中!

埼玉県は蕨駅近くの「しばしば舎」は、「ぶなのもり」という出版社を営む小倉さんが運営する書店。その「しばしば舎」で先週の金曜日からアルテス・フェアを開催中です!  トランスビューの取引代行システム...

全国の島村楽器でアルテスフェア開催!

(*画像は島村楽器水戸マイム店のTwitterより) 年が明けてからもフェアが続きます。こんどは全国の島村楽器約50店舗でアルテス・フェアを開催! 多いところでは全部で20タイトルほどが展...

毎日新聞に『日本の楽器たち』著者インタビュー掲載!

今朝(3/11)の毎日新聞朝刊読書面に『阿弗利加から旅して来た日本の楽器たち』の著者、及川尊雄さんのインタビューが掲載されました。 「5000点がつむぐ壮大な物語」と題して、及川さんと楽器との出...

和と出会う本|お詫びと訂正

小野幸惠著『和と出会う本──現代を生きる芸能・工芸・建築・祈り』の本文の記述に誤りがありました。 読者および関係者の皆さまにお詫びするとともに、以下のとおり訂正させていただきます。 p.11「...
教養としてのバッハ

礒山雅さんのご冥福をお祈りいたします

音楽学者で日本音楽学会会長もつとめた礒山雅さんが2月22日逝去されました。1月27日に大雪で凍結した路面で転倒し、頭を打って入院し、意識不明のままだったそうです。あまりのことに言葉もありません。 ...

3/17 香原斗志×朝岡聡トークショーを開催!

『イタリア・オペラを疑え!──名作・歌手・指揮者の真実をあぶり出す』の著者・香原斗志さんと、フリー・アナウンサーでコンサ...

音楽的な関心から生まれたテーマが世界情勢と共鳴した|ルネ・マルタンさんによる『「亡命」の音楽文化誌』への序文を公開します

今年の「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」日仏共通オフィシャルブックとなっているエティエンヌ・バリリエ著/西久美子訳『「亡命」の音楽文化誌』は、3月16日の発売に向けて現在鋭意制作を進めておりますが、音楽祭...