共同通信の書評に『パヴァロッティとぼく』が登場!

11月14日(土)付けの沖縄タイムスほか地方紙に『パヴァロッティとぼく──アシスタント「ティノ」が語るマエストロ最後の日々』(エドウィン・ティノコ 著/楢林麗子 訳/小畑恒夫 日本語版監修)の書評がさ...

『父と子の絆』島田潤一郎さんの手書きPOP!

こちら、島田潤一郎さん直筆&オリジナル判子による 『父と子の絆』のPOPです! こどもたちが頬を寄せ合うイラスト、愛らしいですねえ。 「大切な本ができました」という島田さんのひと言、 版元...

『新版 魂のゆくえ』電子版を配信しました

昨年9月に発売したピーター・バラカン著『新版 魂のゆくえ』の電子版を配信しました。 すでに主な電子書店で配信が始まっていますので、ご利用ください。 現時点で配信が確認できているのは、以下のとお...

『Jupiter』で『楽譜でわかる20世紀音楽』紹介

前の記事で『礒山雅随想集』の記事が掲載されたとお伝えした住友生命いずみホールの音楽情報誌『Jupiter』にて、『楽譜でわかる20世紀音楽』(久保田慶一 編集代表/白石美雪+井上郷子+森垣桂一 編著)...

『Jupiter』にて『礒山雅随想集』紹介

住友生命いずみホールの音楽情報誌『Jupiter』12月・1月号(Vol.185)に、12月14日発売の『礒山雅随想集 神の降り立つ楽堂にて』(礒山 雅 著/森岡めぐみ 編著/住友生命いずみホール 協...

『父と子の絆』ためし読みページを公開しました

まもなく発売する夏葉社・島田潤一郎さんの新著『父と子の絆』の巻頭「息子とサツマイモ」と目次、パート1の1編目「ようこそ、この世界へ」の冒頭を公開しました。こちらからぜひお読みになってください。 ...