『本の雑誌』に『すごいジャズには理由がある』が!

『本の雑誌』2015年5月号の「特集=対談は楽しい」に古矢徹さん(宝島VOW二代目総本部長)が「未知の場所への着地」と題して寄稿されたエッセイで、『すごいジャズには理由(ワケ)がある』が紹介されている...

『美術手帖』に『日本メディアアート史』の書評掲載

ちょっと時間が経ってしまいましたが、『美術手帖』2015年3月号に馬定延さんの『日本メディアアート史』の書評が掲載されました。評者は美術批評の中島水緒さん。 アートとテクノロジーが交わる領域に必...

中国新聞で『ところで、きょう指揮したのは?』紹介

2015年4月1日付けの中国新聞にて、冨沢佐一+秋山和慶著『ところで、きょう指揮したのは?──秋山和慶回想録』が紹介されました。「世界的な巨匠になっても、謙虚で誠実に音楽と向き合う人柄を伝える」と評し...
レヴィ=ストロースと音楽

『音楽学』に『レヴィ=ストロースと音楽』の書評掲載

日本音楽学会の機関誌『音楽学』の第60巻2号に、J.-J.ナティエ著、添田里子訳『レヴィ=ストロースと音楽』の書評が掲載されました。評者は徳丸吉彦さん。レヴィ=ストロースの思想と音楽との関係、そしてナ...

『週刊読書人』に『日本メディアアート史』の書評掲載

2/27付けの『週刊読書人』に、馬定延さんの『日本メディアアート史』の書評が掲載されました。評者は美術評論家で東京工科大学准教授の暮沢剛巳さん。同書を「待望久しかった本格的通史」と高く評価、いくつかの...

『月刊美術』で『日本メディアアート史』紹介

『月刊美術』2015年3月号の「新刊案内」のページで、馬定延さんの『日本メディアアート史』が紹介されました。 (中略)そこから見えてくるものは、好奇心で最新技術に飛びつくのではなく、なん...
クレオール・ニッポン

『クレオール・ニッポン』がTABIZINEで紹介されました

「旅と自由をテーマにした」WEBマガジン《TABIZINE》で松田美緒『クレオール・ニッポン』が取りあげられました! 書き手は、電子版「アルテス」のサイトでクアトロ・ミニマルのメキシコ・ツアーをレポー...
«...10...1819202122...3040...»