『ステレオ』で『ナチュール 自然と音楽』紹介

『ステレオ』6月号にて『ナチュール 自然と音楽』が紹介されました。「古代から音楽のインスピレーションの尽きせぬ源泉であった「自然」をめぐって、音楽家たちがいかに創意を凝らした作品を残してきたか、そして...

菅野恵理子さんが「カフェ・フィガロ」に出演

『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』の著者・菅野恵理子さんが、ネットラジオ放送局「ブルーレディオドットコム」で配信中の「林田直樹のカフェ・フィガロ」に出演しました。現在、5/15(日)配信の前編が...

『ぶらあぼ』で『新版 学ぼう指揮法Step by Step』紹介

『ぶらあぼ』6月号で『新版 学ぼう指揮法Step by Step』が紹介されました。書影と紹介文付きの4冊の最初に掲載していただきました。ページの下のほうに『おとなのための俊太郎』の情報も掲載されてい...

『表象』で『日本メディアアート史』紹介

表象文化論学会が年1回発行する機関誌『表象』第10号(発売:月曜社)に、馬定延著『日本メディアアート史』の書評が掲載されました。評者は原島大輔さん。A5判で4頁にわたるたいへん充実した書評で、「本書が...

『音楽鑑賞教育』に『箏を友として』の書評掲載

公益財団法人音楽鑑賞振興財団が発行する季刊誌『音楽鑑賞教育』Vol.25に、千葉優子著『箏を友として』の書評が掲載されました。評者は東京藝術大学教授の佐野靖さん。 その[宮城道雄の]生涯、人物像を膨...

『レコード芸術』に『箏を友として』の書評掲載

『レコード芸術』4月号に千葉優子著『箏を友として──評伝 宮城道雄〈人・音楽・時代〉』の書評が掲載されました。評者は音楽史譚家の山崎浩太郎さん。 […]この評伝の面白さは、邦楽というジャンルの狭...