【ダメージ本】広瀬大介『リヒャルト・シュトラウス 「自画像」としてのオペラ』

定価:本体2100円[税別]送料:国内無料

  • A5判・上製 | 376頁
  • 発売日 : 2009年5月9日
  • ISBN 978-4-903951-16-4 C1073
  • ジャンル : クラシック/オペラ
  • ブックデザイン:庄子結香(カレラ)

『リヒャルト・シュトラウス 「自画像」としてのオペラ』のダメージ本です。
定価の半額での販売です。
帯なし、カバー・本文にヨレ、小キズ、軽い折れなどがあります。
書籍の内容は下記リンクからどうぞ。

リヒャルト・シュトラウス 「自画像」としてのオペラ

プロフィール

  • 広瀬大介(ひろせ・だいすけ)
    1973年生。東京都板橋区出身。1998年、国際基督教大学大学院比較文化研究科・博士前期課程修了。2006年、一橋大学大学院言語社会研究科・博士後期課程修了。博士(学術)。2002‐04年ドイツ・ミュンヘン大学に研究留学。専攻は20世紀前半のドイツ音楽史で、特にリヒャルト・シュトラウスの音楽とその社会的関わりを中心に研究活動を行っている。現在、慶應義塾大学、多摩美術大学非常勤講師。日本リヒャルト・シュトラウス協会運営委員。訳書にベルリオーズ/シュトラウス『管弦楽法』(音楽之友社)など。『レコード芸術』『グランド・オペラ』誌ほか、CDライナーノーツ、オペラDVD対訳、演奏会曲目解説などへの寄稿多数。