オペラ対訳×分析ハンドブック

リヒャルト・シュトラウス/楽劇 サロメ

定価:本体2000円[税別]送料:国内無料

  • A5判・並製 | 104頁
  • 発売日 : 2022年6月25日
  • ISBN 978-4-86559-260-3 C1073
  • ジャンル : オペラ/作品解説/楽曲分析
  • 装丁:木下 悠

この作品の初演をもって、モダニズムの世紀が幕を開けた──
歌詞と音楽の流れを同時に読める
オペラ・ガイドの新定番、誕生!

リヒャルト・シュトラウス研究の第一人者で、
作品解説・字幕制作などに定評のある広瀬大介が、
満を持して世に送るリブレット対訳の決定版。

左ページで歌詞を追いながら、右ページで音楽分析を読む──。
オペラを立体的に愉しめる新しいハンドブックが誕生。

オスカー・ワイルドのスキャンダラスな戯曲にシュトラウスが付曲するにいたった経緯や
その後の受容の過程などについて述べた「解説」のほか、
おすすめCD・DVD、作品の背景や音楽構造についてのコラムなども掲載。

プロフィール

  • 広瀬大介(ひろせ・だいすけ)
    音楽学者、音楽評論家。1973年生まれ。青山学院大学教授。日本リヒャルト・シュトラウス協会常務理事・事務局長。著書に『リヒャルト・シュトラウス 自画像としてのオペラ』(アルテスパブリッシング、2009)、『帝国のオペラ』(河出書房新社、2016)など。各種音楽媒体での評論活動のほか、NHKラジオへの出演、演奏会曲目解説・CDライナーノーツの執筆、オペラ公演・映像の字幕・対訳などを多数手がける。
    Twitter: @dhirose

CONTENTS

解説
あらすじ

リヒャルト・シュトラウス/楽劇 サロメ
 第1場
 第2場
 第3場
 第4場

column
 おすすめCD・DVD
 史実のイスラエル・ユダヤ
 《サロメ》の調構造

あとがき