『新しい和声』|お詫びと訂正

林達也著『新しい和声──理論と聴感覚の統合』の内容に誤りがありました。お詫びして、下記のとおり訂正いたします。
「PDFダウンロード」というリンクをクリックすると修正済の印刷用PDFをダウンロードすることができます。

第2刷で修正(2015/09/16)
p.008/2行目
『和声教程(Istitutoni Harmoniche)』 → 『調和概論(Istitutioni Harmoniche)』
PDFダウンロード

p.028/練習
以下の譜例にT、PrD、Plの機能をあらわす数字を付けなさい。
→ 以下の譜例にT、PrD、Plの機能を書き、和音数字を付けなさい。
PDFダウンロード

p.037/いちばん下の譜例の前の行
(1)Vの和音の第3音は重複できない。
→ (1)Vの和音の第3音は重複できない。また、導音は通常は主音へ進行しなければならない。

p.038/(3)の3つ目の譜例
2小節目の上に以下のキャプションを追加:
外声部(ソプラノ)で導音が下行する場合もある
PDFダウンロード(p.037-038)

p.042/(6)の和音数字
1小節目2つ目の和音:「6」を「+6」に、その下に「3」を付ける
3小節目2つ目の和音:下の「4」を「+4」に
PDFダウンロード

p.048/いちばん下の譜例の和音数字
1小節目最初の和音:「+6」を「6」に、「4」を「+4」に
PDFダウンロード

p.051/最初の譜例/最初の和音のキャプション
短3度 → 3度
PDFダウンロード

p.073/課題4の1段目8小節目
「6」の横の横線を削除
PDFダウンロード

p.097/下から2つ目の譜例の和音数字
2小節目の最初の和音:「+6」を「6」に、「4」を「+4」に
PDFダウンロード

p.101/(2)の譜例のキャプション
長6度 → 6度
PDFダウンロード

p.137/2つ目の譜例の和音数字
5つ目の和音:「7」に斜線を加える
PDFダウンロード

p.173/いちばん下の譜例の2行前
下例1の並行完全連続8度は可能である。
→ 下例1の並行完全8度は可能である。
PDFダウンロード

p.254/課題1/2段目3小節目の2拍目
ソプラノD音を3度上げて「F音」に
PDFダウンロード

p.304/経過音を扱うソプラノ課題(2)
ソプラノ2段目最終小節4拍目裏の2点ト音にシャープを付け、2点嬰ト音に修正
PDFダウンロード

p.322/倚音を扱うバス課題(1)
ソプラノ1小節3拍目から2小節目1拍目へのタイを取り、2小節目1拍目の3点ハ音を2点イ音に修正
PDFダウンロード

p.336/課題8の見出し
ソプラノとテノールの厳正なカノンによる
→ ソプラノとテノールのカノン風に
PDFダウンロード

p.394/1行目
音楽取調掛 → 東京音楽学校
PDFダウンロード

第3刷で修正(2016/03/07)
p.124/最初の譜例の1小節目
2つ目の和音数字:「♯6」を「6」に、「4」を「♯4」に
PDFダウンロード

p.138/下から2つ目の譜例
最終小節の和音数字:「♭5」を「」に
PDFダウンロード

p.285/課題5の2段目の2小節目
6拍目の和音数字、上から「7」「5」の下に「」を加える。
PDFダウンロード