〈叢書ビブリオムジカ〉

教養としてのバッハ
生涯・時代・音楽を学ぶ14講

定価:本体2200円[税別]

  • A5判・並製 | 208頁
  • 発売日 : 2012年4月25日
  • ISBN 978-4-903951-53-9 C1073
  • ジャンル : 作曲家/音楽史
  • 装丁:折田 烈(餅屋デザイン) カバー装画:柴田純与

在庫切れ


電子版の購入方法はこちら

いま、あらためてバッハに出会う。

これから学びたいあなたのために
音楽学・歴史学・宗教学・音響学・楽器学・言語学の専門家がわかりやすく解説。
21世紀のバッハ学はここから始まる!

「バッハの音楽は、学びの段階に応じて発見の喜びを与えてくれる、報いの多い対象である」(礒山雅)
バッハ時代のドイツは?
当時話されていたドイツ語は?
ルターがバッハに残した遺産とは?
バッハはどんな楽器・奏法・音響・音律を想定して作曲したのか?
19世紀にバッハ復興が起こったわけは?
ルター派のバッハがなぜカトリックのミサ曲を書いたのか?──
バッハ研究の第一人者・礒山雅をはじめ9人の著者による14の講義が、バッハという類なき知の水脈へ誘う。

プロフィール

  • 礒山 雅(いそやま・ただし)
    国立音楽大学招聘教授、日本音楽学会会長、サントリー芸術財団理事、いずみホール音楽ディレクター

  • 久保田慶一(くぼた・けいいち)
    東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。同大学大学院修士課程音楽学専攻を修了。ドイツ学術交流会の奨学生として、ドイツ連邦共和国のフライブルク大学、ハンブルク大学、ベルリン自由大学に留学し、C.P.E. バッハ研究に従事した。音楽学博士(東京藝術大学)、カウンセリング修士(筑波大学)、経営学修士(首都大学東京)。音楽史研究以外に音楽大学生のキャリア発達ならびに生涯音楽学習に関心をもつ。音楽キャリア関連の著書には、『孤高のピアニスト 梶原完』(ショパン)、『音楽とキャリア』(スタイルノート)などがある。現在、国立音楽大学教授。

  • 佐藤真一(さとう・しんいち)
    国立音楽大学教授

  • 加藤一郎(かとう・いちろう)
    国立音楽大学准教授

  • 末松淑美(すえまつ・よしみ)
    国立音楽大学准教授

  • 中溝一恵(なかみぞ・かずえ)
    国立音楽大学専任講師、同大学楽器学資料館副館長

  • 宮谷尚実(みやたに・なおみ)
    国立音楽大学准教授

  • 森 太郎(もり・たろう)
    国立音楽大学准教授

  • 吉成 順(よしなり・じゅん)
    国立音楽大学教授。博士(コミュニケーション学)。音楽社会史、とくに近・現代の演奏会制度や音楽ジャーナリズム、管弦楽および管弦楽作品の歴史などに関心をもつ。著書『知って得するエディション講座』(音楽之友社)、共著『モーツァルト事典』(東京書籍)、『教養としてのバッハ』(アルテスパブリッシング)、監修書「『正しい』聴き方」シリーズ(青春文庫)など。

CONTENTS

はじめに(礒山 雅)
第1講 バッハの生涯──バッハ研究をめぐる諸問題(礒山 雅)
第2講 バッハ時代のザクセン選帝侯国──17世紀末から18世紀前半のドイツ(佐藤真一)
第3講 ルターとコラール──その神学とことば(宮谷尚実)
第4講 バッハと神(礒山 雅)
第5講 バッハのクラヴィーア音楽──演奏者の立場から(加藤一郎)
第6講 音響学からみたバッハの時代(森 太郎)
第7講 バッハ時代の楽器(中溝一恵)
第8講 バッハと流行(礒山 雅)
第9講 バッハの家庭、生活、教育(久保田慶一)
第10講 18世紀ドイツの言語と文化(末松淑美)
第11講 バッハの音楽頭脳(礒山 雅)
第12講 父ゼバスティアンと次男エマーヌエル(久保田慶一)
第13講 19世紀におけるバッハ(吉成 順)
第14講 ロ短調ミサ曲──宗派の対立を超えて(礒山 雅)
おわりに(佐藤真一)