村上春樹にご用心 絶版 9刷

村上春樹にご用心

    メディア、ブログで大反響、
    だれにも書けなかった画期的なハルキ文学の読み方!

    ※改訂増補新版の刊行に伴い絶版としました。
    新版:もういちど村上春樹にご用心

    村上春樹はなぜ世界中で読まれているのか?
    『風の歌を聴け』から『アフターダーク』までを貫くモチーフとはなにか?
    なぜ文芸批評家から憎まれるのか? うなぎとはなにか?

    「私たちの平凡な日常そのものが宇宙論的なドラマの「現場」なのだということを実感させてくれるからこそ、人々は村上春樹を読むと、少し元気になって、お掃除をしたりアイロンかけをしたり、友だちに電話をしたりするのである。それはとってもとってもとっても、たいせつなことだと私は思う。」(本文より)。

    プロフィール

    • 内田 樹 うちだ・たつる
      1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。思想家。神戸女学院大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。2011年11月、合気道の道場兼私塾「凱風館」を開設。『寝ながら学べる構造主義』『日本辺境論』『下流志向』をはじめ多くのベストセラーをもつ。
      近年の著書・共著には、『困難な結婚』『もういちど村上春樹にご用心』(アルテスパブリッシング)のほか、『困難な成熟』(夜間飛行)、『意地悪化する日本』(岩波書店)、『生存教室 ディストピアを生き抜くために』(集英社新書)、『街場の戦争論』(ミシマ社)、『街場の共同体論』(潮出版社)、編著に『街場の憂国会議』『日本の反知性主義』(以上晶文社)などがある。

    CONTENTS

    ●本文より──
    「私たちの平凡な日常そのものが宇宙論的なドラマの「現場」なのだということを実感させてくれるからこそ、人々は村上春樹を読むと、少し元気になって、お掃除をしたりアイロンかけをしたり、友だちに電話をしたりするのである。それはとってもとってもとっても、たいせつなことだと私は思う。」

    ●目次より──
    極東のアヴァター~『羊をめぐる冒険』と『ロング・グッドバイ』/すぐれた物語は身体に効く/『冬のソナタ』と村上春樹/霊的な配電盤について/フランス語で読む村上春樹/太宰治と村上春樹/倍音的エクリチュール/うなぎくん、小説を救う/なぜ村上春樹は文芸批評家から憎まれるのか?/村上春樹とハードボイルド・イーヴル・ランド/ハーバーライトを守る人/100パーセントの女の子とウェーバー的直感について