〈片山杜秀の本〉 5

線量計と機関銃
ラジオ・カタヤマ【震災篇】

定価:本体1800円[税別]

  • 四六判・並製 | 244頁
  • 発売日 : 2012年7月27日
  • ISBN 978-4-903951-58-4 C1073
  • ジャンル : クラシック/音楽評論/社会
  • 装丁:下川雅敏

高橋源一郎氏、絶賛!
「誰も気づかない“世界のつながり”が見えてしまう人──それが片山杜秀だ」

大震災と原発事故後のニッポンを一刀両断。
ライヴ感あふれるトークと博覧強記が合体した
まったく新しい文明批評がここに誕生!

第18回吉田秀和賞と第30回サントリー学芸賞をダブル受賞した
音盤考現学』『音盤博物誌』(小社刊)の衝撃から4年。
思想史研究と音楽評論の両分野で、いまもっとも注目を集める論客が、
大震災と原発事故の後、メルトダウンを続けるニッポンを一刀両断する!

深夜の“世直し音楽番組”「片山杜秀のパンドラの箱」。
昨年3月11日の東日本大震災以降の放送分を一挙収録!

高音質「音楽専門」衛星デジタルラジオ、
ミュージックバードで好評放送中!
片山杜秀のパンドラの箱
毎月最終金曜 23:00-24:00
再放送=翌週土曜 5:00-6:00
http://musicbird.jp/

プロフィール

  • 片山杜秀(かたやま・もりひで)
    1963年宮城県生まれ。思想史家、音楽評論家。慶應義塾大学法学部教授。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は近代政治思想史、政治文化論。
    2008年『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテスパブリッシング)により吉田秀和賞とサントリー学芸賞を受賞、2012年『未完のファシズム』(新潮選書)により司馬遼太郎賞を受賞。その他の著書に『クラシック迷宮図書館(正・続)』『線量計と機関銃』『現代政治と現代音楽』『大東亜共栄圏とTPP』(以上アルテスパブリッシング)、『鬼子の歌』『近代日本の右翼思想』(以上講談社)、『未完のファシズム』(新潮社、司馬遼太郎賞)ほか多数。
    NHK‒FM『クラシックの迷宮』のパーソナリティとしても活躍。

CONTENTS

[FILE 01]敗戦と原発
[FILE 02]緊急地震警報と「原爆の子」
[FILE 03]割れ煎とナチス
[FILE 04]3.11と12.8
[FILE 05]線量計と機関銃
[FILE 06]FMと原子力
[FILE 07]チェルノブイリと情報公開
[FILE 08]小松左京と金正日
[FILE 09]最終戦争と最終公害
[FILE 10]セシウムと吹奏楽
[FILE 11]選挙制度と怒りの日
[FILE 12]ノストラダムスと吉田秀和