音楽航海日誌

定価:本体5800円[税別]送料:国内無料

  • B5判変型・上製 | 656頁
  • 発売日 : 2021年11月18日
  • ISBN 978-4-86559-244-3 C0073
  • ジャンル : ワールドミュージック/ディスクガイド
  • デザイン:原耕一・せい 装丁:折田 烈(餅屋デザイン) 発行:(株)大和プレス

在庫切れ

音楽の大海原をめぐる世界一周ツアーへようこそ!
2200枚のアルバムをフルカラーで紹介!

日本を旅立ち、アジアから中東、ヨーロッパを回って北米へとたどる西回りと、
太平洋を渡って中米・南米、カリブ、ブラジル、アフリカまでの東回り、
ふたつの航海で巡る怒濤の世界音楽ガイドです。

フルカラーで紹介するCDはトータル2200枚!
地球上のあらゆる音楽を愛してやまない著者が
『ポップ・アフリカ800』に次いでお届けする本書は、
2日に1本欠かさずアップし続けている音楽ブログ10年分を集大成したもの。

世界の楽器・民芸の写真、インタビュー記事、コラムなども盛りだくさん。
ピーター・バラカンとの対談「あやういカタカナ〜外国語の日本語表記の問題をめぐって」も収録しています。

──本書「おわりに」より
「世界にはまだぼくの知らない音楽が山ほどあり、新しい音楽も日々生み出されています。
ぼくが夢中になれる音楽がどこかにあるのに、それに気付かず聴き逃しているとしたら、
これ以上悔しいことはありません。
そうした音楽のすべてを探し出し、この世を去る最期の日まで、聴き尽くさずにはおれません。
これからもぼくの音楽航海の旅は続きます」

プロフィール

  • 荻原和也(おぎわら・かずや)
    1958年東京生まれ。ラテン音楽好きの父親の影響から、3歳でセリア・クルースに夢中となり、チローロのレコードに合わせて太鼓を叩く幼稚園児となる。ロック、ブルース、ソウル、ジャズを乱聴する少年期を経て、1981年学習院大学経済学部卒業時には、ラテン・ブラジル・アフリカ・アジア・アラブ音楽をくまなく愛好。会社勤務のかたわら、日本の語り物やヨーロッパのルーツ・ポップへ関心を広げ、世界のポピュラー音楽に耽溺。1990年10〜12月、勤務先の研究調査のため、ガーナ、ナイジェリア、タンザニアに単身滞在。雑誌『ミュージック・マガジン』『レコード・コレクターズ』、吉本秀純編著『アフロ・ポップ・ディスク・ガイド』(シンコーミュージック)、北中正和監修『世界は音楽でできている』(音楽出版社)に執筆。著書に『ポップ・アフリカ800 アフリカン・ミュージック・ディスク・ガイド』(アルテスパブリッシング、2014)がある

CONTENTS

【第1部】西回り航路〜日本・アジア・中東・ヨーロッパ・北米
日本/東アジア/南アジア/中央アジア/西アジア/中東・マグレブ/西・中央ヨーロッパ/東ヨーロッパ/北ヨーロッパ/ブリテン諸島/北アメリカ

【第2部】ただいま停泊中
在日外国人ショップめぐり
追悼 中村とうよう
[対談]ピーター・バラカン×荻原和也
「あやういカタカナ〜外国語の日本語表記の問題をめぐって」
[コラム]ミャンマーの天才ギタリスト

【第3部】東回り航路〜太平洋・中南米・アフリカ
太平洋/中央アメリカ/カリブ海諸国/南アメリカ/ブラジル/アフリカ全般/楽器の美/西アフリカ/中部アフリカ/南部アフリカ/インド洋
[インタヴュー]ヌーラ・ミント・セイマリ
[インタヴュー]オリヴァー・ムトゥクジ
[コラム]幻の「ブラック・ウッドストック」復活
[コラム]タンザニアの至宝ザウォーセの世界デビュー作