ミシェル・ルグラン自伝
ビトゥイーン・イエスタデイ・アンド・トゥモロウ

定価:本体2800円[税別]

  • A5判・並製 | 304頁(うちカラー口絵24頁)
  • 発売日 : 2015年7月25日
  • ISBN 978-4-86559-122-4 C0073
  • ジャンル : 音楽/映画
  • ブックデザイン:福田真一(DEN GRAPHICS) カヴァー写真:ジム・プリット

「もっとも重要なのは、永遠の初心者でいられる能力である」
フランス映画音楽界の巨匠が名画・名盤のドラマと
80年の人生を初めて赤裸々に綴った珠玉の回想録!

『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』をはじめとして、
60年以上にわたり数々の映画音楽を手がけてきた巨匠ミシェル・ルグラン。
本書は、フランス映画界やハリウッドを舞台にした華麗で多彩な音楽人生を、
赤裸々に、かつ格調高く綴った珠玉の回想録です。
本国フランスでは2013年に発売されてベストセラーとなりました。

作曲の師ナディア・ブーランジェ、盟友のジャック・ドゥミとボリス・ヴィアン、クロード・ヌガロ、
作詞家のアラン&マリリン・バーグマン、エディ・マルネ、
映画監督のジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、ジョン・スタージェス、
シドニー・ポラック、ノーマン・ジュイソン、アニエス・ヴァルダ、
あるいは俳優のスティーヴ・マックイーン、カトリーヌ・ドヌーヴ、アラン・ドロン、ジーン・ケリー、
さらにミュージシャンのマイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンス、クインシー・ジョーンズ、レイ・チャールズ、
エディット・ピアフ、ジャック・ブレル、ナタリー・ドゥセ、モーリス・シュヴァリエ
そしてストラヴィンスキー、ヘンリー・マンシーニ、ジョン・ウィリアムズといった作曲家たち……
きら星のごとき大スターたちとの共作・共演・交友が、生々しいエピソードとともに活き活きと味わい深く語られています。

「フランソワーズ・サガンによるミシェル・ルグラン」掲載!

【最新情報】83歳になるルグランは今もなお現役。2015年7月18日からは音楽を担当した話題作
『チャップリンからの贈りもの』が恵比寿ガーデンシネマにてロードショー公開されます。
また、同じく7月に渋谷の文化村ル・シネマではヌーヴァル・ヴァーグの特集上映が組まれるなど、
ルグランとその周辺への関心が高まっています。

■ミシェル・ルグランが音楽を手がけたおもな映画作品
『シェルブールの雨傘』
『ロシュフォールの恋人たち』
『おもいでの夏』
『恋』
『愛と哀しみのボレロ』
『ローラ』
『華麗なる賭け』
『女と男のいる舗道』
『愛のイェントル』
『ネバーセイ・ネバーアゲイン』

プロフィール

  • ミシェル・ルグラン Michel Legrand
    1932年2月24日、母マルセル、父レイモンのもとパリで生まれる。本名ミシェル=ジャン・ルグラン。
    幼少時からピアノに親しみ、11歳でパリのコンセルヴァトワールに入学。
    和声法とピアノを専攻、作曲法をナディア・ブーランジェに師事。
    54年、フィリップスと契約し、作・編曲活動が本格化。以来今日に至るまで、
    ヌーヴェル・ヴァーグ期を含むフランス映画やハリウッド作品の音楽を多数手がけている。
    63年には盟友ジャック・ドゥミとともに斬新なミュージカル映画『シェルブールの雨傘』で世界を席巻。
    またマイルス・デイヴィスらを起用したアルバム『ルグラン・ジャズ』(58年)や、
    自身のヴォーカル・アルバム『ミシェル・ルグラン』(81年)も高い評価を得た。
    音楽を手がけたおもな映画に『ローラ』『ロシュフォールの恋人たち』『おもいでの夏』
    『女と男のいる舗道』『華麗なる賭け』『愛と哀しみのボレロ』『ネバーセイ・ネバーアゲイン』などがある。

  • ステファン・ルルージュ Stéphane Lerouge
    1970年生まれ。映画音楽を専門とするジャーナリスト。
    1992年以降、映画に関する記事や本を執筆し、パリ第一大学で教鞭を執るほか、
    司会業、コンサートの企画、「エクテル・シネマ」シリーズをはじめとする
    CDコレクションの企画・プロデュースなどを手がけている。
    ミシェル・ルグランを筆頭に、ポール・ミラスキ、ジョルジュ・ドルリュー、
    モーリス・ジャール、フランシス・レイ、エンニオ・モリコーネなどの作曲家と共に
    質の高い仕事を続け、現在に至る。

  • 高橋明子(たかはし・あきこ)
    1939年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部英文学科卒。
    62年から30年にわたり、レコード業界で音楽出版業務、洋楽ディレクター、制作プロデューサーなどを歴任。
    70年代にはデヴィッド・ボウイ、ルー・リードなどのプロモーションに力を注いだ。
    退職後は音楽、舞踊関係の翻訳を行う傍ら、ロマネスク美術に魅せられ、
    早稲田大学で芸術学修士号を取得。フランスやスペイン各地を訪れている。
    訳書にD. ダルトン/L. ケイ『ロック偉人伝』(シンコー・ミュージック)などがある。

CONTENTS

親愛なる日本の友人たちへ   ミシェル・ルグラン
フランソワーズ・サガンによるミシェル・ルグラン(1972)
序   ステファン・ルルージュ

1 静かな時代
2 八歳での戦争
3 マドリッド通り一四番地
4 マドモワゼル・ブーランジェ──音楽の母
5 1944年春──5日間の大冒険
6 幼い頃の夏
7 父とのパス・ワーク
8 夏の公演旅行
9 ジュネール通り六番地
10 パリ、ニューヨーク
11 ディジー、マイルス、エヴァンス
12 新しい波と旧い波
13 ジャック・ドゥミ(一)──『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』
14 ジャック・ドゥミ(二)──『ロバと王女』
15 地を這うコンサート
16 ハリウッドへのパスポート──〈風のささやき〉
17 バラ色と黒──クロード・ヌガロ
18 私は歌う
19 ミニチュア飛行機クラブ
20 スティーヴ・マックイーンの三つのイメージ
21 父親代わりの人々
22 作曲の場(永遠の初心者)
結びにかえて(一時的なあとがき)

訳者あとがき
解題 新鮮な発見に満ちた珠玉の回想録   濱田高志
人名・作品名索引