〈片山杜秀の本〉 6

現代政治と現代音楽 ラジオ・カタヤマ【予兆篇】

定価:本体1700円[税別]

  • 四六判・並製 | 224頁
  • 発売日 : 2013年10月25日
  • ISBN 978-4-903951-71-3 C1073
  • ジャンル : クラシック/音楽評論/社会思想
  • 装丁:下川雅敏

天衣無縫の語りが
新時代の文明×芸術論となる!

博覧強記の思想家・片山杜秀が奇想天外な選曲とともに繰り出す機関銃トーク! これぞ末世に贈る救国の音楽説法!

坂本龍一、ドゥダメル、カダフィ、酒鬼薔薇、 口蹄疫、大相撲、ミイラ、靖国、海上保安官…… 飽くなき好奇心と冴え渡る着想が、世界のしくみを解き明かす!

大好評『線量計と機関銃』に続く「ラジオ・カタヤマ」第2弾!

高音質の衛星デジタル・ラジオ「ミュージックバード」でカルト的な人気を誇る「片山杜秀のパンドラの箱」、2010年4月〜2011年2月に放送された10本を収録。

『未完のファシズム』(新潮選書、2012、司馬遼太郎賞受賞)、『国の死に方』(新潮新書、2012)で日本の言論界を席捲した「片山史観」が、たくまずして現代の音楽を語る絶妙の批評となり、軽妙な調子にのせて、面白さ・鋭さ・破壊力倍増で語られます。あっと驚く選曲の意味が最後にわかる「落ち」の面白さも魅力のひとつ。痛快トーク60分×10本をお楽しみあれ!

プロフィール

  • 片山杜秀(かたやま・もりひで)
    音楽評論家、思想史研究者、慶應義塾大学法学部教授。
    1963年仙台生まれ。東京で育つ。
    慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は政治学。
    著書に『音盤考現学』『音盤博物誌』『クラシック迷宮図書館(正・続)』『線量計と機関銃』(以上、アルテスパブリッシング)、『国の死に方』(新潮新書)、『未完のファシズム』(新潮選書)、『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ)、『ゴジラと日の丸』(文藝春秋)ほか。朝日新聞、『レコード芸術』などで音楽評を執筆するほか、NHK‒FM『クラシックの迷宮』などでパーソナリティをつとめる。
    2006年日本近代音楽研究の業績により京都大学人文科学研究所から人文科学研究協会賞を、2008年『音盤考現学』『音盤博物誌』により吉田秀和賞およびサントリー学芸賞を、2012年『未完のファシズム』により司馬遼太郎賞を受賞。

    関連番組
    高音質「音楽専門」衛星デジタルラジオ
    ミュージックバードで好評放送中!
    片山杜秀のパンドラの箱
    ◉毎月最終金曜 23:00-24:00
    ◉再放送=翌週土曜 5:00-6:00
    http://musicbird.jp/programs/pandora/

CONTENTS

坂本龍一と井上ひさし
現代政治と現代音楽
音楽雑誌と口蹄疫
力士とヤクザと紅衛兵
ミイラと靖国
麻薬とファシズム
朝日平吾と酒鬼薔薇聖斗
三島由紀夫と海上保安官
教育と労働
リビアと永井荷風