季刊『アルテス』

アルテス VOL.02 2012 SPRING
特集〈アップルと音楽〉

定価:本体1500円[税別]

  • A5判・並製 | 248頁
  • 発売日 : 2012年4月10日
  • ISBN 978-4-903951-52-2 C1073
  • デザイン:宮一紀 イラスト:高橋将貴 編集協力:公魚(高橋智子、渡邊未帆)

創刊第2号! 特集は〈アップルと音楽〉

高橋健太郎/有馬純寿/ヲノサトル/谷口文和/八田真行/赤松正行/佐藤薫/おおしまゆたか/渋谷慶一郎/湯山玲子/波多野睦美/大和田俊之/輪島裕介/川崎弘二/石田昌隆/小野幸恵/藍川由美/大石始/濱田芳通/鈴木治行/ト田隆嗣/毛利嘉孝/山崎春美/Onnyk/安田寛/潮博恵/谷口昭弘/サラーム海上/菅付雅信/金子智太郎/李京粉

各方面から大好評&大反響の『アルテス』。
創刊第2号の特集は〈アップルと音楽〉。
その他、渋谷慶一郎と湯山玲子の「モーツァルト談義」や、
大和田俊之ほか新執筆陣が加わったレギュラー・コーナーも充実。
ジャンル無用の音楽言論誌、ますます快調です!

創刊第2号の特集は〈アップルと音楽〉。
Macが登場して以来、音楽は、音楽を聴くわれわれの感受性は、どのように変化し、これからどう変わっていくのか。
録音(recordings)、作曲(composing)、聴取(listening)、音楽家(musicians)、インターネット(internet)、そしてiOS──
さまざまな視点から、アップルという一企業の思想が音楽文化に与える決定的な影響を明らかにする。
さらに、渋谷慶一郎と湯山玲子がモーツァルトの音楽に新たな光をあてる異色対談を掲載するほか、
大和田俊之による待望のハリー・スミス論をはじめ波多野睦美、藍川由美、小野幸恵という強力執筆陣を新たに迎えたレギュラー・コーナーもさらに充実しました!

CONTENTS

[特集]アップルと音楽 Apple×Music
01 Apple × Recordings
高橋健太郎|クラウドの神殿に救世主は宿るか?
02 Apple × Composing
有馬純寿×ヲノサトル|「音楽の民主化」は作曲をどう変えたのか
03 Apple × Musicians
谷口文和|音楽家はMacを選ぶ?──パソコン・ユーザーとしての音楽家をめぐって
04 Apple × Internet
八田真行|手入れの行き届いた庭で育つ文化とは?
05 iOS × Music
赤松正行×佐藤薫|iPhoneアプリが奏でる音楽の未来
06 Apple × Listening
おおしまゆたか|iTunesがリスニングを変えた!──新たな創造性と共有の世界へ

[特別対談]
爆音で楽しむモーツァルト
渋谷慶一郎×湯山玲子

[連載]
波多野睦美|うたうからだ [1]【New!】
大和田俊之|倍音と幽霊──ハリー・スミスのアメリカ[1]【New!】
輪島裕介|カタコト歌謡の近代[2]二世歌手とニセ二世
川崎弘二|武満徹の電子音楽[2]ミュジック・コンクレートへの着手
石田昌隆|音のある遠景[2]
小野幸恵|和の変容[1]「三番叟」から「ボレロ」へ【New!】
[Re: music…〈音楽へ──〉]
藍川由美|谷川雁を読む[1]「十四歳」「傘もなく」【New!】
大石始|まつりの島[2]下町に鳴り続ける不死のリズム──錦糸町河内音頭大盆踊り
濱田芳通|歌の心を究むべし[2]ミューズとの交信、あるいはシャロン・ストーンとの妄想デートについて
おおしまゆたか|アラブ、アイルランド、アメリカをめぐる音楽の旅(中)音源編
鈴木治行|イマジナリア[2]イメージと音の危うい関係──「語りもの」の実践
ト田隆嗣|suara, macam2 音声、いろいろ[2]マハカムで交ざるマゼール
[クロニクル]
毛利嘉孝|スケッチ・オブ・下北沢[2]
[フィクション]
山崎春美|ロッカウェイビーチ[2]
Onnyk|ゴースト[下]
[エッセイ]
安田寛|発見が発見でなくなる時代──音楽研究とGoogle
潮博恵|ベイ・エリアからの挑戦──ティルソン・トーマスとサンフランシスコ響
[レポート]
谷口昭弘|音楽学者の頭の中 日本音楽学会全国大会レポート
[著者エッセイ]
サラーム海上|トルコの地酒ラクにやみつき─中東アルコール事情
菅付雅信|編集者に「なる」ということ
[書評]
金子智太郎|Paul DeMarinis,“Buried in Noise”
[研究]
李京粉|日本のユン・イサン──“東アジアの作曲家”としてのユン・イサン(下)