〈叢書ビブリオムジカ〉

ヴァーグナーと反ユダヤ主義
「未来の芸術作品」と19世紀後半のドイツ精神

定価:本体3000円[税別]

  • A5判・並製 | 304頁
  • 発売日 : 2011年6月25日
  • ISBN 978-4-903951-44-7 C1073
  • ジャンル : 作曲家/ドイツ・オペラ
  • 装丁:折田 烈(餅屋デザイン)

人類愛を謳い上げる理想主義には、
恐るべき現実性がひそんでいた。

山崎太郎氏(東京工業大学教授、日本ワーグナー協会理事)、推薦!
「美しき理想が排他的イデオロギーと結びつく可能性は19世紀から百年以上を隔てた今日の社会にも潜在しているし、私たちひとりひとりもこの問題の当事者にほかならない」

ヴァーグナー芸術の特徴である理想主義には、恐るべき現実性がひそんでいた。
「反ユダヤ主義」――古来ヨーロッパ精神に伏流し、19世紀後半ドイツにおいて異常な高まりを見せ、20世紀にナチスによる大破局を招くことになる思想が、ひとりの作曲家の精神構造にどのような影響を与え、その芸術にどのような刻印を残したか。
これまで観念的に語られてきたヴァーグナー芸術と反ユダヤ主義との関係を、彼の音楽作品、論文、書簡、妻コージマの日記、同時代の資料などをもとに徹底的に洗い直し、実証した画期的研究。
これからのヴァーグナー研究はこの一書から始まる!

〈叢書ビブリオムジカ〉シリーズ、第1弾!

プロフィール

  • 鈴木淳子(すずき・じゅんこ)
    1966年福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(比較文学比較文化研究室)博士課程修了。学術博士。現在、法政大学および関東学院大学でドイツ語非常勤講師を務める。
    主著に、『ヴァーグナーと反ユダヤ主義──「未来の芸術作品」と19世紀後半のドイツ精神』(アルテスパブリッシング)、訳書に『ヴァーグナー大事典』(共訳、平凡社)などがある。

CONTENTS

心の闇を見つめてこそ……〈出版に寄せて〉──山崎太郎

序 文 1

第1章|ヴァーグナーと反ユダヤ主義
1 ヴァーグナーの革命志向とユダヤ人問題の結びつき
 I. 19世紀初頭のドイツと青年期のヴァーグナー
 II. パリ体験
 III.  革命への目覚め――ドレースデン革命参加に至るまで
 IV. 芸術と革命
 V. 「未来の芸術作品」とヴァーグナーの反ユダヤ観
 VI. 論文「音楽におけるユダヤ性」の発表
 VII. 芸術家、革命家、そして反ユダヤ主義者としてのヴァーグナー
2 コージマの『日記』に見られるヴァーグナーの反ユダヤ観発展の諸相と同時代のドイツにおける反ユダヤ主義
3 ヴァーグナーとユダヤ人との交友
 I. ベルトルト・アウエルバッハの場合
 II. アンジェロ・ノイマンの場合
 III. カール・タウジヒの場合
 IV. ヨーゼフ・ルービンシュタインの場合
 V. ヘルマン・レーヴィの場合

第2章|ヴァーグナーの舞台作品に見られる反ユダヤ的思想
1 「ユダヤ的」貨幣経済と『ニーベルングの指環』
 I. 『ニーベルングの指環』成立史
 II. 全4部作のあらすじ
 III. 作品に現れたヴァーグナーの金権社会批判と反ユダヤ観
 IV. 「愛の断念」――「利己主義」「非生産性」「不能」
 V. 人種論的見地からの作品解釈
 VI. 「啓示者」としてのヴァーグナー――同時代人の一証言より
2 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』におけるユダヤ人カリカチュア
 I. 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』成立史
 II. あらすじ
 III. 「未来の芸術家」誕生のドラマ
 IV. ユダヤ人カリカチュアとしてのベックメッサー像
 V. 同時代人たちの反応――ベックメッサーの歌とユダヤの歌
 VI. 「オペラ」という表記
3 『パルジファル』における腐敗
 I. 『パルジファル』成立史とヴァーグナーの首尾一貫性
 II. あらすじ
 III. 宗教と芸術
 IV. ショーペンハウアー的キリスト教理解
 V. 人類の精神的・肉体的腐敗と再生の思想
 VI. 登場人物たちに投影されたヴァーグナーの反ユダヤ観と人類再生の可能性としての「共同体」理念

第3章|「未来の芸術作品」と19世紀後半のドイツ精神
1 「未来の人類」のために――時代精神からの「ドラマ」の誕生
2 理想と現実

結 語

注/譜例/参考文献
あとがき
索 引
  ヴァーグナーの作品索引
  コージマ・ヴァーグナーの『日記』索引
  人名索引