親愛なるレニー
レナード・バーンスタインと戦後日本の物語

定価:本体2500円[税別]送料:国内無料

  • 四六判・上製(仮フランス装) | 448頁
  • 発売日 : 2022年10月28日
  • ISBN 978-4-86559-265-8 C1073
  • ジャンル : クラシック/伝記/ノンフィクション
  • ブックデザイン:木下 悠/カバー装画:ナガノチサト

図書館に人知れず眠っていたふたりの日本人からの手紙がいま、語りはじめる。
カズコとクニ、そしてレニー ──
芸術と愛に生きた巨匠バーンスタインの実像にせまる感動のノンフィクション!

……でもレニー、僕はあなたを愛してしまったし、
忘れることはできないのです。
あなたは僕にこう言いましたよね。
「誰かと恋に落ちたくはない、なぜならそれは、
自分の人生を変えてしまうから」
(本文より)

ワシントンの図書館で著者が出逢った数百通の手紙。
それは、世界の巨匠レナード・バーンスタインと
知られざるふたりの日本人との心の交歓の記録だった。

カズコ──日本でおそらく最初の、そしてもっとも熱心なファン。
クニ──バーンスタインと激しい恋に落ち、その夢の実現に尽力した人物。

マエストロとふたりの日本人とが紡いだ愛の物語を軸に、
冷戦期アメリカの文化戦略、高度成長期日本に花開く音楽文化が描かれる。
感動の音楽ノンフィクションがここに誕生!

レナード・バーンスタイン(1918-1990)は、
ニューヨーク・フィル、ウィーン・フィルなどのタクトをとった指揮者として、
《ウェスト・サイド・ストーリー》《キャンディード》など不滅の名作の数々を生みだした作曲家として、
米ソ冷戦期に反核や平和運動に精力的にとりくんだ行動する音楽家として、
20世紀を代表する芸術家の筆頭にあげられる巨匠。

スティーヴン・スピルバーグがリメイクし大ヒットした
ミュージカル映画『ウェスト・サイド・ストーリー』(2021)や
Netflixが制作し、スピルバーグ、マーティン・スコセッシらが名を連ねる
伝記映画『マエストロ』(2023年春公開予定)などで、
いまなお世界中から注目を集めている。

著者は『ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール──市民が育む芸術イヴェント』(2010)、
『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?──人種・ジェンダー・文化資本』(2013)、
『私たちが声を上げるとき──アメリカを変えた10の問い』(共著、2022)など、
アメリカ文化史、ジェンダー研究などの分野で活躍する気鋭の研究者、吉原真里
本書は著者が2019年にOxford University Pressから出版した
Dearest Lenny: Letters from Japan and the Making of the World Maestro
みずから日本の読者向けに翻訳・再構成したものである。

ためし読みはこちら↓
https://hanmoto9.tameshiyo.me/9784865592658

プロフィール

  • 吉原真里(よしはら・まり)
    1968年ニューヨーク生まれ。東京大学教養学部卒、米国ブラウン大学博士号取得。ハワイ大学アメリカ研究学部教授。専門はアメリカ文化史、アメリカ=アジア関係史、ジェンダー研究など。著書に『アメリカの大学院で成功する方法』『ドット・コム・ラヴァーズ──ネットで出会うアメリカの女と男』(以上中公新書)、『性愛英語の基礎知識』(新潮新書)、『ヴァン・クライバーン国際ピアノ・ コンクール──市民が育む芸術イヴェント』『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?──人種・ジェンダー・文化資本』(以上アルテスパブリッシング)、共編著に『現代アメリカのキーワード』(中公新書)、共著に『私たちが声を上げるとき──アメリカを変えた10の問い』(共著、集英社新書)、そのほか英文著書多数。
    著者ウェブサイト:Mari Yoshihara Official Web Site | 吉原真里ウェブサイト
    著者ブログ:Dot Com Lovers

CONTENTS

序章

Part I
1 戦禍のスター誕生
2 太平洋を越えたマエストロ
3 成功の光と影
4 ふたりのマエストロ
5 業界のうずしお
6 三度目の日本へ
7 別れと再会
8 マエストロというビジネス

Part II
9 DearからDearestへ
10 信念と決意
11 新しい出発
12 静かな場所
13 核なき世界へ
14 二度目の春
15 祈りの夏
16 早秋の実り

Part III
17 マエストロの世界
18 ターニング・ポイント
19 新天地を求めて
20 大地へ種を
21 北の果実
22 日本をあとに
23 畑を耕そう

コーダ

あとがき

参考文献
索引