フルートは歌う
CD付き

定価:本体3000円[税別]

  • 変型判(252×262mm)・上製 | 80頁
  • 発売日 : 2009年10月26日
  • ISBN 978-4-903951-23-2 C1073
  • ジャンル : フルート/演奏法
  • 装丁:岡本直樹+中村光夫 発行:『フルートは歌う』刊行会 発売:アルテスパブリッシング

在庫切れ

日本を代表するフルーティストのひとりとして国内外で活躍し、2001年に若くして逝去した増永弘昭氏を偲んでのCD付き書籍。

氏が遺した論文や生前とりくんだフルート頭部管の発明にかんする解説にくわえて、多数の訳書を手がけた師H.P.シュミッツ氏からの手紙、音楽界から寄せられた追悼文などを1冊にまとめ、リサイタルのアンコール曲を中心に著者の演奏を収めたCDを付けた。

プロフィール

  • 増永弘昭(ますなが・ひろあき)
    1942~2001。大阪出身。
    桐朋学園大学音楽部卒業。吉田雅夫、曽根亮一、工藤久夫の諸氏に師事。同大学卒業後、1969年より西ドイツ・デットモルト国立北西ドイツ音楽アカデミーに留学。以後、帰国までハンス・ペーター・シュミッツ氏に師事。
    1971年西ドイツ・ヒルデスハイム市立管弦楽団をへて、1976年北西ドイツ・フィルハーモニーに入団。1974年よりリサイタルを開催。1980年帰国以来、99年まで毎年自主リサイタルを重ねるほか、国内外の各地でリサイタル及び室内楽、オケとの共演などを展開するとともに、後進の指導にも力をそそいだ。
    1985年から92年まで毎年、軽井沢ミュージックセンターセミナーハウスにおけるハンス・ペーター・シュミッツ氏の講習会を企画、運営した。1980年度文化庁芸術祭優秀賞および大阪文化祭奨励賞を受賞。1989年第7回中島健蔵音楽賞を受賞。

CONTENTS

1.遺稿論文「フルートは歌う」……増永弘昭
2.フルートの頭部管の発明に関する特許公報
  特許の頭部管の試作にあたり……相原正治
3.シュミッツ先生と増永弘昭との絆─シュミッツ先生のお手紙より─……西原稔
4.追悼文─増永弘昭逝去に際して─
  短歌……中曽根佳子
  石田一志/姜碩熙/藤井一興/曽根勝/西原稔/柳田孝義/松下功/金田潮児
5.ありし日の思い出─この本の出版に際して─
  小林道夫/前田三男/前田明子/荘村清志/古後久子/四戸世紀/名雪裕伸/桜井節/上野眞樹/河野剛/高橋正明/吉藤泰子/楢崎容子/福泉勝栄
6.増永弘昭演奏会の軌跡
  短歌……中曽根松衛
  H.P.シュミッツ
  吉田雅夫