コンサートホールの音響と音楽表現

定価:本体3800円[税別]

  • A5判・並製 | 192頁
  • 発売日 : 2009年1月27日
  • ISBN 978-4-903951-12-6 C3052
  • ジャンル : 音響学/建築・設計
  • 装丁:山田英春

ホールを理想のひびきで満たすために──

コンサートホールは科学と芸術の出会う場所である。
楽曲と演奏者、聴き手の感性という芸術的側面と、
音の時間的・空間的分析という科学的方法とが出会うとき、
ホールはみずから音楽を奏でる〈楽器〉となる!

プロフィール

  • 安藤四一(あんどう・よいち)
    1939年東京市生まれ(岡山県美作出身)。
    1975年早稲田大学より工学博士号を取得。1975~1977年西ドイツ、ゲッティンゲン大学第3物理学研究所研究員(アレキサンダー・フォン・フンボルト財団フェロー)として、コンサートホール音響学の研究に従事。1979年神戸大学助教授、1995年同大学大学大学院自然科学研究科教授に就任。 1995年アメリカ建築家協会賞を受賞。2002年イタリア、フェラーラ大学名誉博士。2003年神戸大学名誉教授。
    アメリカ音響学会フェロー、イタリア音響学協会名誉会員
    http://www.andolab.org/

CONTENTS


理論編 心理的プリファレンス理論と音の時間的・空間的基礎感覚
1 歴史的背景と展望
2 音の物理特性
3 音場の物理的ファクター
4 聴覚路中の相関メカニズム
5 ホール音場の心理的プリファレンス実験と理論
6 大脳半球の専門化と心理的プリファレンスに対応したアルファー波
7 聴覚-大脳系のモデル
8 ACFファクターにもとづく音の時間的基礎感覚
9 IACFファクターにもとづく音の空間的基礎感覚
応用編 ホールの音響設計と音楽の時間的・空間的表現
10 ホール音場の設計手順と目標
11 デザイン・スタディ
12 実在のホールにおけるプリファレンス理論の検証
13 聴者のプリファレンスと座席の選定
14 チェロ演奏者のプリファレンス
15 ステージ上の演奏位置の決定
16 作曲と演奏における時間的・空間的音楽表現
17 コミュニケーション
18 おわりに──個性発見のために

付録
1 ランニングACFの計算式
2 たたみ込み積分の概念
3 一対比較法
4 2つの複合音によるビート
5 調律したピアノのピッチ計測
6 音声認識システムの提案
7 森の響き(霧島神宮)
8 音場の計測の心理評価システム
9 揺らぎのある点滅光源の心理的プリファレンス
理論編 参考文献
応用編 参考文献
索引

●本書のデモ音源
http://www.andolab.org/demo/