MARUZEN名古屋栄店にてアルテス・フェア開催中! テーマは「演奏家」

MARUZEN名古屋栄店にてアルテス・ミニフェアを開催中です。もともと、5月に木村が営業で訪問したところ、担当のWさんから「中途半端なスペースがあるので、そこをフェア棚にしようと思っている。たまたま営業に来てくれたのも何かの縁。トップバッターを引き受けてもらいたい」との要請があり、弊社商品の中から「演奏家」という括りで選書しました。熱い手書きのポップはすべてWさんによるものです。
150720_1748~02

選書は自由にさせていただいたのですが、ひとつ条件があって、「なんでもいいから、木村の個人的おすすめの本を1冊入れてくれ」とのこと。いろいろ考えたすえに須賀敦子の『コルシア書店の仲間たち』(文春文庫)を選びました。この本には私が書いたコメントをつけていただいているようです。こんなのです↓

ファシズムへの抵抗運動の同士たちが中心となって立ち上げ、戦後の一時期イタリア言論界の一潮流をなした「コルシア書店」──というと、イカメシイ左翼的言論人たちの顔が浮かんできそうですが、さにあらず。若き日に彼らの一員となった須賀さんが、ひとりひとりの優しさ、弱さ、純粋さをまるごと受け止めながら、かぎりない愛しさをこめて描き出した掌篇集。こんな出版活動ができたら!と焦がれるような思いを抱きつつ、みなさんにお薦めします。(アルテスパブリッシング代表 木村 元)

150720_1802~01

フェアは、Wさんによれば「場所移動・模様替えをして夏中続ける」とのこと。名古屋のみなさん、ぜひお立ち寄りください!

[木村]