もういちど村上春樹にご用心

37obi

    「これは村上春樹さんへのファンレターです。」
    『1Q84』やエルサレム・スピーチをウチダ先生はどう読んだのか?
    ハルキ文学の読み方がもういちど変わる!

    本書は2007年に刊行した『村上春樹にご用心』を、『1Q84』論やエルサレム・スピーチ論、柴田元幸との対談など新たなテキストを加えてアップデートした改訂新版です。

    2014年12月には文春文庫に入りました。

    プロフィール

    • 内田 樹 うちだ・たつる
      1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。思想家。神戸女学院大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。2011年11月、合気道の道場兼私塾「凱風館」を開設。『寝ながら学べる構造主義』『日本辺境論』『下流志向』をはじめ多くのベストセラーをもつ。
      近年の著書・共著には、『困難な結婚』『もういちど村上春樹にご用心』(アルテスパブリッシング)のほか、『困難な成熟』(夜間飛行)、『意地悪化する日本』(岩波書店)、『生存教室 ディストピアを生き抜くために』(集英社新書)、『街場の戦争論』(ミシマ社)、『街場の共同体論』(潮出版社)、編著に『街場の憂国会議』『日本の反知性主義』(以上晶文社)などがある。

    CONTENTS

    新版の読者のみなさんへ
    はじめに──村上春樹の太古的な物語性について

    1 初心者のための村上春樹の「ここが読みどころ」
     1 ご飯を作るシーンと掃除をするシーン
     2 トラウマとその「総括」
     3 海外生活
     4 「学生運動」について
     5 世界に構造を与える力
     6 セックス・シーン
     7 司馬遼太郎と村上春樹の「フェアネス」

    2 『1Q84』とエルサレム・スピーチを読む
    壁と卵──エルサレム・スピーチを読む
    1Q84読書中
    「父」からの離脱の方位
    「子ども」に今できること──『1Q84』BOOK3評
    困ったときの老師頼み

    3 村上春樹の世界性
    「ノーベル賞受賞祝賀予定稿」2009年ヴァージョン
    村上春樹と司馬遼太郎
    「父」の不在
    霊的な配電盤について
    『冬のソナタ』と『羊をめぐる冒険』の説話論的構造
    食欲をそそる批評
    激しく欠けているものについて

    【特別対談】柴田元幸×内田樹『村上春樹はからだで読む』

    4 翻訳家・村上春樹の翻訳を語る
      「翻訳=写経」論
      村上春樹の翻訳作法
      村上文学が世界性を獲得した理由
      奇跡のタッグ
      趣味は翻訳
    すぐれた物語は身体に効く
    『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を読む
    「君」とはホールデン自身である
    極東のアヴァター~『羊をめぐる冒険』と『ロング・グッドバイ』

    5 うなぎと倍音
    うなぎくん、小説を救う
    太宰治と村上春樹
    倍音的エクリチュール
    100パーセントの女の子とウェーバー的直感について

    6 雪かきくん、世界を救う
    村上春樹の「労働哲学」
    村上文学における「朝ご飯」の物語論的機能
    お掃除するキャッチャー
    After dark till dawn
    村上春樹とハードボイルド・イーヴル・ランド

    [コラム]
    「手持ちの資源でやりくりする」こと~『走ることについて語るときに僕の語ること』評
    三〇~四〇代の女性に薦める一作『神の子どもたちはみな踊る』
    『ペット・サウンズ』の思い出
    アーバンとピンボールの話

    旧版のあとがき
    新版のあとがき

    お支払いはPaypalをご利用ください(送料無料)

    ご購入ガイドはこちら